クラブで女性を恋愛モードに持っていく方法

      2018/06/20

みなさんこんばんは!!

 

 

今回は、クラブナンパにおいて必要不可欠な事である「女性を恋愛モードに持っていく方法」

について解説していきます。

 

 

なぜ、恋愛モードに持っていく必要があるのか

 

 

 

クラブナンパに限らずナンパのほとんどは、笑い系の声掛けからスタートします。

それは、女性が全く面識のない人に対して警戒心を抱いている為、それを解く方法として相手を笑わせることが友好的だからです。

そうすると相手は自分のことを面白い男と認識してくれ、徐々に警戒心を解いていってくれます。

では、さっそく質問ですが、皆さんが女の子を落とせたときは終始面白い人間のまま通していますか?

おそらくですが、違うと思います。

特に美女になればなるほど、面白いだけでは対抗出来ます。

どこかのタイミングで恋愛系のまじめな話やプライベートな話をしているんじゃないでしょうか?

 

 

女性から良い男として見られる為には、面白いだけではなく、しっかりと自分の価値観などを伝える機会がないといけません。

そうでもしないとただの面白い奴という存在で認識されます。

つまり、女性の懐に一歩踏み込む為には、面白いだけでは、物足りないということです。

クラブで楽しい時間を共有するだけならば、面白い人間で十分だと女の子も思うかもしれません。

しかし、そこから少なからず、恋愛に発展させないといけない。

そうなると、女の子を恋愛モードに持っていくことが必要なんです。

 

 

相手目線を意識する

 

 

恋愛モードにするといっても抽象的で漠然としていますよね。

具体的にどーすればいいのかというと、女性から

「この人私の事分かっている人だ」、「この人と考え方似てる!!」

と思わせたら勝ちです。

この時に主体はどこかというと相手ですよね。

決して、自分ではありません。

基本的にみなさんこの意味は理解できていますが、

実際に行動に移すのが難しいんです。

 

 

 

なぜかというと、この話をする前に面白いトークを意識して話しているからです。

面白いトークをしようとすると、どーしてもトークの主体はこちら側になります。

なので、相手主体の会話に変えるタイミングが取りにくいんです。

しかし、そうはいっても話は始まらないので、参考例を挙げてみます。

 

 

私が普段相手主体の会話に変えたい時は、恋愛トークを使います。

具体的には、「どんな感じの人がタイプなん?」、「クラブで一番うざい男の行動ってなに?」

というように相手が男に求めるものというキーワードを意識して会話していきます。

そしてその都度「そーやんな!!」、「わかるわーー」という同調の相槌を打ってあげます。

それを続けるだけで、相手はこちらをいい男と認識し始めます。

 

 

 

では、先ほど会話を変えるタイミングといいましたが、具体的にどのように会話を変えるタイミングを見つければいいのか

解説していきます。

 

 

 

フロアを有効活用する

 

 

クラブナンパの最大の特徴は、一つの空間でさまざまな雰囲気を楽しめることです。

フロアだけでも、ダンスフロアやバーカウンター、トイレ前、VIPといったようにそれぞれ違う空間があります。

なので、その空間を雰囲気を変えてあげたいときに使えばいいんです。

 

 

例えば、ダンスフロア後方で声を掛けた子と少し談笑をします。

そろそろ話の話題を変えたいなーと思ったら、

ダンスフロア→バーカウンターへ移動してお酒を一杯奢ります。

すると、強制的に雰囲気が変わるので、自然と話の話題も変えやすくなります。

 

 

他には、バーカウンターで声を掛けて談笑しており、雰囲気を変えたくなったら、ダンスフロアに移動します。

すると、一緒にダンスをおどるので、自然と会話が少なくなります。

話す話題も会話量の多い、おもしろい系のトークからゆったりとした恋愛系のトークにシフトしやすいです。

 

 

 

このようにタイミングが見つからないのであれば、空気を変えるタイミングを場所移動によって

強制的に変えてあげればいいんです。

 

 

 

とても簡単なので、ぜひ実践してみてください。

今回は以上となります。

 

講習についてはこちら

 

質問等ございましたら、こちらよりご連絡ください。

 

 

 - 考え方