ナンパと記憶力

   

皆さん女性と会話した内容は覚えていますか?

ストリートやネトナンだと毎回記憶を定着させたりできます。

クラブという場所においては、毎回ナンパする度に区切ることが難しい場合があります。

例えば、ある女性をナンパして、そのままダンスフロアで踊っていたとします。

そのダンスフロアに可愛い女性がいたら、そのままスイッチしますよね?

海老で鯛を釣る方法ですね。

以前ブログの記事で取り上げた方法です。

詳しくは以下の記事より読んでみてください。

クラブナンパにおいて美人から食いつきを格段にあげるシンプルな行動

 

 

 

さて、話を戻しまして、そのダンスフロアで出会った女性にスイッチしたとします。

そのままその子と話していたが、上手くいかず、その日は坊主で帰宅したとします。

後日その前にナンパした子とラインやデートをするが以前話していた内容があまり思い出せず、また自己紹介トークをしてしまう。

これは完全にモテない人のトークです。

また、昔に会った女性と久しぶりに連絡を取ってみて、いざアポの場になったときに

「どこであったのか?」、「どんな話したっけ?」というような質問に対して曖昧な答えしかできない場合は、女の子からの印象もマイナスになりますよね(笑)

私もそのタイプでした(笑)

女性に会いすぎて記憶があいまいになって、どんな会話をしたかまで覚えれない事が多々ありました。

結果、そのままアポをしたとしてもまず、導入の部分でテキトーな印象を与えてしまい、うまくいかないという事がありました。

 

 

 

でも、女性とその日何話したとかいちいち覚えてられへんわ!!

また、自己紹介覚えたところで会話の広がりも知れてるし、プラスの印象を持続させることは出来ていないと思います。

でも私たちが女性とラインを交換した際には、少なくとも女性からは「この人なら交換してもいいかな」というプラスの印象を抱いてもらっているはずです。

そこを後日や久しぶりのアポで台無しにするのはもったいないじゃないですか?

じゃあそこを上手くプラスに変えてあげれたら楽しいですね?

では、その方法を解説していきます。

 

 

 

思い出をフラッシュバックさせてあげる

 

 

 

一番大事なのは、その時話した会話の中で一番盛り上がったり、共感を得た会話をまた出してあげることです。

まあ、普通ならば、共通の趣味の話題や職場の話を思い浮かべますよね。

ですが、それだと運の要素もありますし、常に共通項を見つけるのも難しくなります。

なので簡単かつ共感しやすい話題をこちらから提供してあげましょう。

 

 

 

私がよく使うフレーズが

「派手な男よりも落ち着いた雰囲気の男の方が好きやろ?」、

「夢に出てきたこと結構信じるタイプやろ?」です。

この2つのフレーズを使いまわしています。

というより、2つしか使わないようにします。

 

 

なぜこのようなフレーズにするのかというと

・記憶に残りやすい

・イエスとしか答えない

 

 

 

記憶に残りやすい

 

 

女性はクラブで何十人の男からナンパをされます。

だいたいみんな同じ会話をしますよね?

例え面白いナンパをしたとしてもそれは面白いという感情だけ残って会話の内容までは女性は記憶していません。

なので他の人が言わない=記憶に残りやすいトークとなります。

 

 

イエスとしか答えない

 

 

これは、占いとかでよく使われるバーナム効果みたいな感じなんですが、一見2択の質問をしているようで、限りなくイエスとしか言わないような会話を取り上げることによって、2択を一択にしてあげる。

つまりこちらはイエスの内容だけ記憶すれば、いいという事になります。

 

 

 

じゃあ、実際のナンパでどのように使っていくのか解説していきます。

ナンパの中で

男「てか、めっちゃ可愛い(面白い、気さく)性格してるな!!夢に出てきたこととか信じるタイプやろ?」

女「あーでも信じるタイプかも」

男「絶対そうやと思ったわ。なんかすぐに実現とかはしないけど、時間たった時にあ、これ夢と一緒や!!ってことあるよな」

女「なにそれwwww」

まあ簡単にこんな感じの流れです。

 

 

 

会話的にはがっつりかみ合っているという感じでもないかもしれませんが、普段他の男からされる話ではないので記憶に残りやすいです。

ここでこういう話を一つでもしていると、仮に次に会ったときに記憶があいまいになっても、「こんな話したよな?」と切り返せば、女性は覚えていますし、その時のいい思い出がフラッシュバックします。

では、次に会話ではない方法で相手との空白の時間をシェアする方法を説明していきます。

 

 

 

継続的に相手の情報をキャッチする

 

 

クラブであまり長い時間会話が出来なくて、ラインでも会話が広がらない場合は、相手が話したい話題を後日キャッチする方向にシフトしていきましょう。

簡単に言うと、「インスタを始めよう」ということです。

やっぱりねー女性の興味はインスタに集約されています。

女の子が投稿したい写真=シェアしたい写真という事なので、そこに触れてほしいってことなんですよ。

なので、クラブでラインを聞くよりもインスタを聞いた方がいいと思います。

理想はどちらも聞けるに越したことはないんですが、インスタはそれぐらい重要です。

 

 

 

例えば、連絡が途切れていた子がいてもインスタで彼女が投稿していた内容について個別にラインしてあげれば、その会話は盛り上がりますし、その子からの印象も良くなります。

そして何より会わずして興味をシェアできるので、最悪クラブで大した会話が出来なくても、インスタでうまく絡んでいければ、勝機が見えてきます。

 

 

 

まあ、忘れないに越したことはないので、できるだけメモなどを取るようにして下さい。

大事なのは、忘れても女性から印象に残るような会話、行動をとれているかと事が肝になると思います。

今回は以上です。

質問等あれば、気軽に問い合わせよりご連絡下さい。

 - スキル