梅田のクラブOWLで美形ギャルとセックス ~最初の声掛けが明暗を分けます

      2018/02/01

どーも口説き丸です。

 

皆さん、ギャルって少し怖くないですか? でも可愛いですよね。

今回はそんなクラブで声を掛けづらい存在であるギャルとどのように仲良くなり、どのように口説いていくのか書きたいと思います。

その前に、今回行ったクラブを少しだけ紹介します。

 

大阪・クラブ・OWL

 

今回は大阪の中で1番HOTなクラブ地帯である難波と双璧をなす梅田のクラブに行って参りました。

難波はどちらかというとエネルギッシュで若いギャルとかギャル男が多いイメージですよね?まあ、実際そうです笑

 

梅田は難波よりは落ち着いてて、少し洗練されたイメージがあります。

なぜなら梅田はオフィスが多く、サラリーマンやOLなど仕事帰りの方も非常に多いからです。

 

なので、出会う女性の方は比較的クラブビギナーの方も多いです。

初心者には持ってこいのクラブじゃないでしょうか?

実際私も学生の時は良くお世話になりましたので、良い思い出も苦い思い出も沢山残しております(笑)

 

 

 

そんなOWLに11時過ぎに行くとフロアの並び方は尋常じゃなかったです。

 

 

待つのが嫌いという方は少し早めに入ると並ばなくて済みます。

 

ナンパの声掛けは面白く、スムーズに

 

早速ナンパしたいのですが、この時間の相手選びは注意が必要です。

なぜなら、終電が近く帰る人と残る人で2極化します。

東京では朝まで一択なのでこのような事はありませんが、大阪ではよくあるパターンなので、注意が必要です。

 

あたりを観察しながら見ているとノリノリで踊っている美形ギャルがいるではないか。

でも良く観察すると少し疲れが見えている。

 

ここで大切なことは、「さあ、話しかけよう」と猪突猛進に行くのではなく、

声掛けの前に女性がどういう状況かしっかりと理解することです。

 

今回の場合だと、女性がギャル&ノリノリだが少し疲れ気味

という状況です。

 

なので、ここは解釈を変えてみましょう。

 

女の子は疲れている=休みたいではなく、

 

女の子は疲れている=退屈である。

 

という解釈に変えて上げれば、答えは見えてきます。

そうです。女性を楽しませてあげましょう!

もちろん、テンション上げてノリノリで踊りに行きますよ!

 

 

クラブで踊りまくってる人にいきなりトークから入るのは踊りを止めてしまうことにもなるので、話し過ぎずに一緒にノリながら軽く喋る感覚でアプローチする方がこの場合はベストです。

 

一緒にビート刻みながら

 

口説き丸「乳首押して」

 

女性「は?」

 

口説き丸「ええから押してみて」

 

女性:ポチっ

 

口説き丸「ガッシャン」自動販売機の様に

 

口説き丸「はい、」股間らへんからタバコを出す

 

女性「なにこれ?」

 

口説き丸「もう片一方も押して」

 

女性:ポチっ

 

口説き丸「ガッシャン!!」

 

女性「なんもでーへんやん」

 

口説き丸「次、俺がボタン押す番な?」

 

女性「なんでやねん(笑)やらんわ!」

 

このような感じで攻めていきました。

クラブで声掛けをするときに大事なのは女性から何か行動したという事実を作ってあげることが重要です。

このような動作を要求する声掛けをすることで女性に対して半強制的に行動を取らせることになります。

すると、女性としては「なぜかこの人に乗せられて動いてしまった。」という事実を作り、警戒心を解き、少し興味を持ってくれます。

この声掛けのおかげで女性はここから警戒心をといてくれて一緒に踊りながら話していくことができました。

 

 

「普通に一杯飲もう?」

という声掛けでもいいやないか。と思われる方もいるかもしれません。

実際のこの声掛けの方が簡単で、女性と話しやすいとは私も思いますが、

全員にそれを言っても効果がありません。

 

 

簡単な声掛けほど状況判断が大事。

 

 

なぜ効果がないのか?

それは今回声掛けした女性が可愛く、クラブ慣れしているように見えたからです。

可愛い子は常に男性から狙われています。

そして、何回もナンパをされています。

そーなると「一杯飲もう!」といった声掛けをめちゃくちゃ経験しているんです。

なので、同じような行動をとったところで「どーせ、ただのナンパ目的のやつやろ?」

というレッテルを貼られることになります。

 

でも、女の子はそのナンパでも付いていきます。

なぜか?

それは、一杯奢ってくれるから。

「ただで飲み物飲ましてくれるならいいか!付いていこう。」

という女性のサービス精神が働いているからです。

女性もお酒を飲みたいし、それを奢ってくれるならこっちも得やなと思われて、

付いていくという流れになります。

 

じゃあ、その女の子はついていってお酒を奢ってもらったあとどーするか?

それは、5分ぐらい男のつまらない質問に無難な返しをして、すぐ立ち去るという行動をとります。

 

そーなると男はただその子にお酒を奢っただけではなく、その女の子から

「ナンパ目的」、「一度お酒奢ってもらって逃げちゃったからもう話したくない」

という最悪な状況になります。

ここで私が言いたいのは、一番簡単な、「一杯飲もう」という声掛けを状況を考えずに使う事が時には大きなマイナスになるということです。

 

可愛い子ほど出会い目的のナンパに消極的

ということをしっかりと理解した上で、美女のナンパに勤しんでください。

そーすれば、おのずと結果は付いてきます。

 

 

さて、この手のギャルは、1度おもろい奴やと思わせたら簡単で

あとは、女性の話を聞きながら軽くイジってあげる。

これだけで大丈夫です。なので、普通の会話をしてるだけです。

 

 

一応、女性のプロフィール

・みちょぱ似の美形ギャル

・Kなちゃん

・アパレルで働いてる

・23歳

・彼氏なし

・あんまりクラブには行かないけどストレス溜まった時にはいく

・オナニーした事ない

 

だいたいこんな感じですかね。

 

※ちなみにこれはこの子に飲まされてキツそうにしてる写真です笑笑

 

 

最後のオナニーの話以外はいたって普通のことを聞きます。

じゃあどーやってイジるねんって話ですよね。

これをづらづらと女性に質問してたらつまらないで終わりますよ?

なので、時折軽くイジるんです。

 

例えば

 

「アパレルで働いてる」という情報に対しては

 

口説き丸「どーせ足臭いねんやろ?」

 

Kなちゃん「臭ないわ!」

 

口説き丸「何時ぐらいが1番臭くなるん?」

 

Kなちゃん「7時ぐらいから蒸れてくるかな?」

 

口説き丸「うわー、親指の爪の間臭そうやな笑」

 

Kなちゃん「ほんまうるさい笑」

 

 

まあこんな感じでユーモアを少し混ぜてイジります。

この会話にプラスして最後に少しエロい話を混ぜてあげるとさらにgoodです。

 

 

お酒を奢るタイミングが大事

 

で、これぐらいのタイミングで一杯飲む?と誘います。

これがベロンベロンの場合やとお水でも奢ってあげて下さい。

女性はめっちゃ喜びます。

 

なぜこのタイミングなのか?

理由は2つあります。

 

 

1つは、ずっと同じ場所だと女性の気持ちに新鮮さが生まれないから。

ずっと、同じ場所で過ごすと女性的には飽きてきます。

ましてや、人が多く、音楽しか娯楽の無いクラブという環境では飽きるのも早くなります。

また、はじめにダンスフロアで声を掛けて、ずっとダンスフロアというのも女性的にはしんどいものです。

なので、環境を変えながら、常に新鮮な気持ちを引き出してあげる必要があるからです。

 

 

2つ目は、恋愛トークをするためです。

はじめ、声を掛けてから自己紹介など相手がどーいう人か知るための話をしますよね?

そのあとは、恋愛トークをしながらお互いを確かめ合っていくという手順を踏みたいわけです。

そーなると相手の恋愛観を引き出せるような雰囲気を作ってあげる必要があります。

ダンスフロアで恋愛トークをするっていうのは、ムードに欠けるし、周りがうるさくて、

なかなかキャッチボールが上手くいきません。

なので、その時にバーカウンターなど、ゆっくりと話せそうな雰囲気の場所に誘導してあげてお互いの恋愛観を語り合います。

その時にお酒があったら、尚更話が弾みますよね?

そーいうことです。

 

このタイミングを意識しながら、ギャルと

お酒を飲みながら少し恋愛トークをして行きます。

ムーディーでしょ?そーなんです勝山なんです。

 

 

口説き丸「彼氏どれくらいいないん?」

 

Kなちゃん「もう1年ぐらいかなー?」

 

口説き丸「てか、女の子って1年ぐらいって言えばベストやと思って言ってる?そー言えっていう協会みたいなんあるん?笑」

 

Kなちゃん「ないわ笑。でもほんまにそれぐらい」

 

口説き丸「へー、結構痴漢とかされそうなぐらい可愛いけどな」

 

Kなちゃん「痴漢とか絶対させへんわ笑」

 

口説き丸「なら俺がするわ笑」

 

Kなちゃん「ほんまやめてー」

 

こんな感じで恋愛トークを進めていきます。

基本的に質問することはある程度決まっているので、流れで話題を振りながら、お互いの考え方を軽く話していきます。

クラブで重要なのが、あまり重すぎるような雰囲気で会話を進めることはおすすめしません。

女性はクラブに楽しみにきているので、その辺は普段のデートとは違う考え方で臨んだほうが、成功率は高くなります。

 

どーいう感じで恋愛トークを進めていくかについては、また別の記事で書かせていただきます。

 

さて、ある程度恋愛トークも弾み、そろそろ持ってかえろーかなと思ったら、

ここでも雰囲気を変えてあげます。

 

軽く踊りに行こうとダンスフロアに誘い、雰囲気を変えてあげます。

 

あとは分かりますよねー?

 

 

 

軽くキスをして持って帰ります。

 

 

この子ストレス溜まってたのか、めっちゃエロかったです。

再戦をやたら求めてきて結局寝たのは朝7時www

凄く眠かったですが、充実感のある日曜日の朝を迎えました。

 

 

以上です。

ご質問あれば連絡ください。

必ず返信します。

 - 未分類