モテる人は出来ている「クラブでの女性観察」について

      2018/04/01

どーも口説き丸です。

今回はクラブでの女性の観察方法について説明したいと思います。

 

 

クラブでの情報収集の必要性

 

早速ですが、皆さんクラブに入って女性を探すときどのような感じで探しますか?

恐らく、ほとんどの方は「可愛い子」、「タイプの子」、「エロい子」といった方をパッと見で見つけてはナンパするという行動をとっているんではないでしょうか。

はたまた、手あたり次第女の子に声を掛けていくという「数打ちゃ当たる作戦」をとっている方もいると思います。

 

まあ、クラブにいる9割の男性はそのような行動をとっていると思います。

つまり大多数の男性はクラブで情報収集をしないまま、ナンパをしているという現状があります。

 

では、なぜ情報収集をしないのでしょうか?

それはクラブというフィールドを履き違えているからです。

 

 

ストリートナンパやネットナンパをするときには、ある程度相手の情報を探して活路を見つけながら、

口説いていくということができるのにも関わらず、

クラブというフィールドになった途端、それらの情報を自ら阻害して、

自分の感情に身を任せてナンパをしているのです。

「クラブやから大体ノリでいけるんちゃうん?」

「大体、クラブみたいな暗くて、うるさい場所で情報なんか集められへんやろ?」

「お酒入っていい感じやから考えるの面倒くさいねん」

と思われる方が多いから、情報収集もせず、自分の主観のみでナンパを始めるんです。

 

 

その結果どうなるか?

その場の運だけでしか女性を落とす事ができません。

 

 

ですが、クラブもほかのフィールドと同じです。

そこには、男女がいるだけでその他の音楽やお酒といったものはただのツールでしかありません。

つまり、クラブにおいても他と同様「観察をしっかりするという事が大事」という事です。

クラブモテている男性は、そういったことが出来ています。

 

 

逆に、観察さえしっかりと出来れば、他の男性とは違ったアプローチになり、

それは差別化になります。

結果、女性からも受けも良くなります。

 

 

じゃあ、ここからはどのように観察すればいいのかについて説明していきたいと思います。

お店によって観察することとかは微妙に違うので、

今回は最低限これだけは観察して方がいいことについて説明致します。

 

初心者の方はまず早い時間帯にクラブへGO

 

 

例として早めにクラブいった場合を想定して話を進めていきます。

まず、クラブに入ると周りにお客さんはあまり入っていません。

早い時間なんで、人も疎らでダンスフロアで踊っている人はごく一部しかいません。

このような状況なら、みなさんどうします?

 

「周りの男も少ないうちにナンパしてそのまま持って帰るぜー」

と思われた方。

正直あまり効果がありませんので、やめときましょう。

 

なんですぐにナンパに行かないのかと思うかもしれないですが、

 

人が少ないという状況はそれだけ、一人一人の女性をしっかりと観察できる環境にあります。

この環境を活かして確実にターゲットとなる女性をリストアップしましょう。

 

あと、人が少ないとナンパしやすいと素人の方は思うかもしれません。

しかし、日本人女性の心理上、人が少ない状況でナンパされることに対して強く嫌悪感を示します。

これは、ナンパされている状況を周りに見られているかもという心理が嫌らしいです。

 

 

ストリートナンパをされている方は分かるかと思いますが、

本当はナンパについて行きたいぐらい魅力的だなと女性から思われていたとしても

道端の人から「あ、あの子ナンパされている」

と思われているように解釈してしまい、渋々断っているケースは少なくないです。

 

まあ、これは男性にも当てはまるのですが、、、

 

 

例えば、東京などで流行っている外国人が募金を求めてくる謎の行為。

彼らに募金してあげたいという気持ちがあったとしても

その光景を周囲の人に見られているという意識が働きます。

これはたちまち羞恥心へと変わり、その行動を回避しようとしてしまいます。

そーいう状況でも、俺は全然募金するぜという方は是非してください。

カッコイイと思います。

 

 

話が少し脱線してしまいましたが、それくらい女性は周囲の目を気にする生き物という事です。

なので声掛けはある程度人が多くなってから、もしくは周囲の人にバレにくい場所でナンパするという事です。

 

 

では、具体的な観察事項ですが、今回、早い時間を例として挙げたのは、

クラブで女性をしっかりと俯瞰的に観察したことがないという方は、ぜひ早めの時間帯からクラブにいって、

じっくり観察する経験をしましょう。

 

 

理由は、3つあって、

1つ目は遅い時間に行って、フロアに人が多くなると観察すること自体が困難になっていくからです。

フロアでの人の動きも活発になると、周囲との比較や女性の行動も見えずくなります。

 

 

2つ目は、可愛い女性をいち早く確認する事ができるという事。

クラブでナンパするうえで大切なかわいい子を観察するという経験は確実に必要になります。

モテる女の子とそうでない女の子では、こちらに求められるトークの差が天と地ほどの差になる為、

早めに行って、フロアのナンパが盛んではない時間帯に可愛い子をリストアップして、

その子の情報収集に努めましょう。

 

 

3つ目は、クラブ慣れしている女性を早めにリストアップすることです。

早めからきている女性は2パターンあります。

 

 

1つはクラブを知らないがあまり、早く来てしまったパターン。

これは滅多にないのでスルーします。

 

 

2つ目は、暇でクラブにくる女性。

こちらは要注意です。クラブの仕組みや流れをかなり知っているので、男に奢らせるだけ奢らせて、

すぐ放置とか、そういった男性側にとって辛い状況に陥らせます。

 

 

みなさん無駄に奢ったりしたくないですよね。

だからそーいった女性を早めにリストアップして避けましょう。

人が多くなるとそのような女性は見つけづらくなります。

特にクラブナンパ初心者の方は、この女性に引っかかるケースは非常に多いので

要注意です。

 

以上が早めにクラブ行く理由です。

 

 

具体的な観察事項

 

 

①何時ごろ、何人で来たのか、どのようなタイプの女性なのか(主に容姿より)

 

 

⇒どのタイミングで来たかによって、女性の体調やテンションが分かります。

例えば、来たばっかりならば、あまり過度なナンパをせずに軽く話して踊って女性の楽しみのきっかけを作ってあげることが出来ます。

来てからある程度の時間が経っているのであれば、多少疲れたりしているので、

ゆっくりと落ち着いてトークを始める。

 

⇒何人で来たかによって、こちらの頭数を考えていく必要があります。

3人組に1人でチャレンジする気持ちが素晴らしいですが、正直言って結果はかなり薄いの相手にあった頭数を揃えたり、ターゲット女性だけを落とすためにこそっとナンパしたりと出会いのシチュエーションが変わってきます。

 

⇒どのようなタイプの女性かについては、ある程度の場数と成功事例が必要ですので、説明は割愛させて頂きます。

 

 

②周りの男性は、ターゲットとなる女性に対してどのような行動を取っているのか。

 

 

⇒これは、かなり重要でここまで観察している男の人はほとんどいないので、

しっかりと取り組めば、大きな差別化になります。

ターゲットの女性に対して、男性がどのようなアプローチをしているのか。

積極的にダンスフロアで体を密着させたり、やたらお酒を奢ったりと男性によってアプローチは様々なので、

そのアプローチへの女性の対応もしっかりと記憶する必要があります。

それを記憶することによって、このアプローチは受けが良い、このアプローチはハマっていないなという事が事前に分かるので、その前例すらも参考にしてナンパに臨むと驚くほどの反応良さが返ってきます。

 

以上が観察するときに抑えておく必要がある最低限事項です。

考え方としては、内向き(女性に対して)のベクトルと外向き(周囲の状況)のベクトルを総合的に判断するという感じです。

 

 

 

質問などあれば、連絡ください。

必ず返事します。

 - スキル ,