一度会っただけでは落とせない美女の落とし方

      2018/01/07

みなさん、こんばんは口説き丸です。
正月はいかがお過ごしでしたか?
私は、実家でゆっくりしたり、普段合わない地元の友達と遊んだりと
よくある正月でした。

 

 

 

さて、みなさんこのような経験をされたことはありませんか?
やっとの思いで美女と会って、連絡先を交換でき、やっとの思いで、デートにこじつけることができたけれども、思うような結果が出ず、悲しい思いをしたまま帰宅した経験を。

私も何度もありました。

辛いですよね。それまでの苦労が無駄になると思うと、、、
で、そのあと、連絡を取ろうとしても返事が返ってこず、

 

 

なんやねん。飯行ったのが台無しやんけ!!

何がダメやってん!!
できることなら2回目以降も会ってもらえるようにしたいですよね?
そしたら、何回目かにセックスできる可能性ができますからね笑笑
美女ほど、そういう事が起こりやすいと思います。

 

 

なぜか?

 

 

美女のほど男に対して求めるものが高いから、一度のデートで

 

「何この人期待外れやった」

 

「もっと凄い人、面白い人やと思ってたのに残念」

 

「さっ、次の人探そう」

 

という風になるわけです。
じゃあどうやってその子を落としたらいいのか?

それについて説明していきます。

 

 

回数にフォーカスする

 

 

 

一度のデートで上手く落とすことができないとなるとどうすれば、落とせるようになるのか。
自分の見た目を高めたり、大金持ちになったり、自分を高めていけばいけるようになるのか?
一度のデートの質やナンパの質を高めるのか?

 

 

デートの質が高ければ、回数なんて必要ないですよね。
本来はそこも高める必要があります。
今回は、そうじゃない場合を考えてみます。

 
つまり、質ではなく量にフォーカスした場合について説明していきます。

 

 

 

なんか上手く一言で表現する事が難しかったので、心理学の言葉を用いてまとめると

 

単純接触効果

 

という言葉が近いと思います。
これは人は何回も会う人に対して好感を抱きやすいという心理です。
例えば、
実際、あまり好きでもないけど、気づいたらいつも横にいて、その人がいる生活が当たり前になっている。
「これって好きっていうことなんかなー」

と女性は感じ、その人と付き合ったりするというケースをたまに聞いたりしますよね?

これが、単純接触効果です。
つまり、人は接触すれば、するほどこの人に好感を持ちやすくなるという事です。

 

 

 

よくビジネスの場で、営業マンがお客様を獲得するために何度も電話を掛けたり、何かにつけて会いに行ったりしているシーンがあるんですけど、

これも同じで、一見意味のなさそうな事に見える訪問や電話も実はその人との心理的距離を縮める為のもので、

その結果、「この人はよく来てくれてなんか好感が持てるから契約でもするか!」という事になるわけです。

また、テレビのCMとかでも、期間限定商品を売り出したい場合は、1ヶ月で100回CMを流すより、

1週間で100回流す方が短期間に消費者がCMを見る機会が増えるため、消費者の意識に残りやすくなるという戦略も同じですね。

 

 

これを恋愛に応用すると
こまめに連絡を送ったり、頻繁に会う口実を作って、短時間でも会い続ける事が、最終的にはプラスになるという事です。
でも、会いすぎても効果が続くとは言えません。
5.6回ぐらいが一つの目安だと思います。それ以上は、しつこいと思割れる可能性があります。

 

 

現代版単純接触効果活用法

 

 

みなさん!女性と継続的に会うことは出来ますか?
そもそもこれ自体が1番難しいですよね。
また、毎回会うために連絡をとると、女性から既読スルーされたりしますよね。

 

 

・いついつ空いてる?あそぼーや。
・今度どっか出かけない?
・今何してる?
こんな感じのLINEを続けても効果は無いですよね。

連絡も取れない。けど、いっぱい会わないと駄目。

じゃあどうすればいいねん!!

 

 

 

蟻地獄状態ですね笑笑
特にLINEに関しては、本当に難しくて、
絶妙な距離感を保ちながら、興味を持たれていない女子と連絡を取り続けるのは、至難の技です。

 

 

 

では、どうすれば、女性と継続的に接触する事ができるのか、
それはSNSをうまく活用する事です。

 

今では、殆どの女性がSNSをやっており、そこでの情報交換が主流になっています。
ということは女性が今1番関心がある事はSNSであり、写真や動画ということになります。
よく女性が1時間以上ならぶお洒落なカフェやインスタ映えする場所に行きたがるのは、SNSで共有するためです。
彼女達はその為なら労力もお金も費やします。

 

 

そうなると、SNS(主にInstagram)を接触の場にすれば、女性にいやがれることなく、親近感を持たせれる事ができます。

 

 

例えば、女性がA店というお洒落なレストランに行きます。

その後に我々がそこに行って追体験をして、それをインスタにあげれば、

女性からすれば、センスが同じ人だなという印象を与えれます。

また、女性のインスタにコメントをしたり、それについて質問してみたりするのも効果的です。

同じ文章でのコミュニケーションですが、ツールが違うだけで、女性からの印象も全然変わってきます。

やりすぎは注意して下さいね。ストーカーと間違えられますから笑笑

 

 

これが、現代風の単純接触効果のナンパ活用法です。

 

 

シチュエーション別、活用法

 

アポの場合

 

次にデートではどのようにこの理論を活用していけば良いのでしょうか?
これはかなり難しいんですが、簡単にまとめると
気負いさせず、ちょっと物足りないなぐらいの感覚を相手に与えるデートが理想です。

 

例えば、いきなり女性を超高級レストランに連れて行って最高級の料理とサービスをもてなしたらどう思いますか?
99%の女性が気負いします。
アラブの王様とかやと理解できそうな気もしますが、
普通の一般人がそれをする必要は全くありません。

 

じゃあ気兼ねなく、物足りなさを演出できるデートとはなにかというと、
「一杯のコーヒーを飲む」ということです。
いきなり飲みにいくでも良いんですが、
それやと女性が満足しきってしまう可能性が高いです。
なので、比較的軽く、物足りなさを演出できるかつ、
女性が行ってもいいや!と思える場所はコーヒーを飲めるカフェという事になります。

 

 

すると次はランチでも行こうやと誘いやすく、会う回数を増やしやすくなります。

 

 

日本やとあまり浸透してないですが、海外だとデートの基本的な流れは
コーヒー→ランチ→ディナー
という流れです。
これからわかるように最初は軽く、気兼ねない感じから徐々に段階を上げていっていますよね。

それぐらい、アポの場所にはこだわらないといけません。

 

 

クラブの場合

 

 

クラブではどうなるかというと、
なかなかこちらの口説きになびかない女性に対しては、
「一杯飲もうや」と誘ってガッツリ女性を飲ませるよりは、
軽く話して、無理そうだと判断すると、ガッツクのではなく、
「じゃあ後でな」と軽く別れて、次に会って→少し話して→また別れて→という流れを繰り返した方が、

好感を持たれやすく、どこかのタイミングで女性から求められる瞬間がきます。

 

 

よく、クラブで見る光景が、脈無しと判断すると、男はなんも言わずスッと去ってしまいますよね。
女性からすると決していい印象は持たないですよね?
それよりは、じゃあまたな!後でな!!という言葉をかけてしっかりとその場を離れた方が印象がよく、次に会った時もスムーズに会話に移る事ができます。

 

一日クラブにいて美女に会えるのなんて、5.6人ぐらいしかいません。
なので、すぐ可能性を捨てるのではなく、次につながるアプローチを忍耐強く継続する必要があります。

 

今回は以上です。
なお、関西でのクラブナンパデビュー講習はお陰様で沢山の方々に申し込み頂きました。
ありがとうございます。
まだ、7日、20日、21日は空きがありますので、興味のある方はこちらよりご連絡下さい。

 

 

大阪で開催致します。【クラブナンパデビュー講習】 セックス初め終わりましたか?
また、この日程は参加出来ないけど、他の日なら行けるという方は、個別での相談致しますので、ご連絡頂ければと思います。

 - スキル