タイ バンコク ナンパ旅 2日目 〜ゴーゴーバーの無念をクラブで晴らす

      2018/01/23

タイ バンコク ナンパ旅1日目 〜腰をくねらせるギャルと

 

タイ バンコク 2日目スタート

昼過ぎぐらに起き、友人と合流。

どうやら昨夜は楽しんだそうだ。

羨ましい。

軽くブランチを済ませて、昨夜の疲れを癒すべく、マッサージに向かった。

タイは本当にマッサージが安いので、日本にもこれくらいの低価格の店が出来てほしい。

昼起床→マッサージ→ぶらぶら→夕食→夜遊び
タイでは完全にこの生活パターンになりそう・・・
この生活リズムは最高です!

是非皆さんタイに行った時にやってみて下さい。

おすすめです!

 

 

マッサージ後、夕食を済ませ、今宵の夜遊びはどこに行こうか考えながら歩いていると
ターミナル21駅付近で学生時代の女友達に遭遇。
どうやらこちらで働ているそうで、夜は暇らしい。
普通ならアポを入れるところだが、友人には手を出さない主義の口説き丸なので
一緒に夜遊びできるところに行くことにした。
なぜ、友人に手を出さないのか?

これは私が大切にしていることなのですが、人としての輪を作っていく事が何よりも大事だと体感してるから、

全て性欲で片付けるような事はしたくないという想いからです。

 

 

女友達「もう、ゴーゴーバーには行った?」
口説き丸「行ってない」
女友達「観光客に人気だから、そこいってみよう」
口説き丸「てか、女の子やのに行ってええの?(笑)」
女友達「一回行ってみたかったしいいよ。」

 

ファンキーだ(笑)

この子はかなりファンキーな子でノリとかが男に近く、あんまり気を遣わなくていいからすごく楽だ。
ということで、バンコクで一番有名であるソイカウボーイという通りに行くことにした。

 

 

タイ バンコク ゴーゴーバーへ

 

 

 

一足その通りに足を踏み入れるとびっくりするぐらいのネオンと活気があり、
おそらくタイで滞在した中では一番活気と盛り上がりがあった。

 

 

※こんな感じの通りです。すごいですよね。

 

で、この通りが凄くて、通りを通っているとレディボーイや普通の女の子が呼び込みをしているんですね、その子らがすれ違うたびにちんこを触ってきます。
たまに「ちっさいねー」や「大きくさせるよー」といったことを言われます。

初めていったのでかなり面喰います。
すでにドラマが起きそうな予感しかありません笑
通りを見渡しているとレディボーイらしき女性に勧誘されたお店に半ば強引というかちんこを引っ張られながら連れていかれました。
中に入ると、店内は映画「ハングオーバー2」で登場したような内装でポールにレディボーイがだるそうにダンスしていました。

 

 

※こんな感じ

 

中にいる女の子はそんなに可愛くない、しれっと逃げるように退散。
再び通りを歩ていると日本人の集団に遭遇し、おすすめのゴーゴーバーの聞き込みをしてみると
どうやらバカラという店が可愛くておすすめだそうです。

 

※バカラ外観

 

タイに何度も行っている方は周知だと思いますが、バカラの女性は本当に最高で、ナンバー1という言われるのも納得の可愛さでした。

すぐにビールを買って3人で座席に座りました。

 

 

ゴーゴーバーは店内で踊っている女の子を指名して

ショート(約1万円)、ロング(約1万8千円)という形で連れて帰るというシステムです。

まだまだ凄くて、バカラは2フロアで構成されているんですが、

 

2階を見上げると・・・

 

 

 

 

 

2階で踊っている女の子はパンツをはいていません。
正直衝撃を受けました。

 

しかも、サービスタイムみたいな時間になると皆服を脱ぎだします。
もうテンションが最高潮!
すかさず2階に行ってみていると女友達にドン引きされたので、
1階でおとなしく鑑賞。

よく見ると1階の方が女の子の質はいいです。

道端を歩いていたら、かなり可愛いレベルの女の子がいっぱいいます。

 

 

そこでしきりに目が合う女性が。

番号は96番、顔はしょこたんをギャルにしたような顔立ちでマジで可愛い。

横に来てくれるやいなや、エロトークしかしない彼女
96番「一緒にダンスしにいこう(おっぱいしよう)」

といったことしか言わない。

アホな口説き丸はテンションしか上がらない。
今考えると、そういう言葉しか覚えていなんやろうなー。

 

 

クラブで釣ることより完全にこの子を持って帰る気満々になっている口説き丸。
いまさらになって、女友達と一緒に来たことを少し後悔しはじめる口説き丸。

※ゴーゴーバーは男同士できましょう。

 

 

どーしよと考えながら96番とエロトーク
96番「ダンスしよう。」
口説き丸「したいけど、横に友達いるからさ」
96番「じゃあ、3人でダンスしよう(3Pしよう)」
口説き丸「wwww」
真っ赤になる女友達。
口説き丸「どう?笑」
女友達「いや、無理でしょ(笑)」

 

 

ということでごめんねと言って96番を放流。
次回、来た時は必ず指名すると誓う口説き丸でした。

 

 

ゴーゴーバーで女友達を連れていった結果、連れて帰れないという初歩的ミスを犯す口説き丸。
しかし、日本のクラブでこういった経験になれているので、メンタルを切り替え、女友達とは解散して、
クラブに行こうと聞き込みを開始。

 

 

タイ バンコク 魔法のクラブへ

 

 

聞き込みをしているが、RCAにあるクラブばかり紹介される。

タイではRCAがやはり一番なのかな。
大阪でいうと、梅田より難波、東京なら渋谷より六本木というような感じでしょうか。
時刻は12時でRCAに向かう気力がなくなってきた。
引き続き聞き込みを続けると、スクンビット通りの奥のホテルにどえらいクラブがあるという。
そのホテルはウィンザーホテルで私たちが滞在しているホテルにあるそうだ。
一石二鳥やんこれとテンションを上げてしまう西成丸。
今にもおっぱいしそうです(笑)

 

 

そのクラブはScratch dogというクラブで2時から3時くらいから盛り上がりはじめ、
かなりの確率でおっぱいできる子がめちゃくちゃ多いらしい。
そんな大阪で言うところのG2、東京でいうところのジュマンジのようなクラブがタイにもあるのかウキウキしながら滞在先のホテルに向かい、

エントランス400バーツ(約1,200円)を払い店内へ。

 

エントランスは400バーツ払うかウイスキーなどのボトルをいれるかだそうだ。
大人数でいく場合はボトルを入れたほうがいいと思う。
店内に入ると尋常じゃない盛り上がりで、ほとんどの人がボトルを入れている。

 

 

※入口

 

 

 

 

※店内 このようにテーブルが多いのでがっつりダンスフロアという感じではないので注意が必要

 

 

前日での経験を活かして、今回のナンパでは、トークをメインにするのではなく、ノリつまり「ウェーイ!!」という感じでひたすらナンパしていこうと戦略を練りました。
まず、店内をぐるぐる徘徊してまわりの状況を確認すると、
確かにノリがよさそうで、すぐヤレそうな感じがプンプン臭います。
しかし、注意が必要で、

「ここはタイ、つまり多いゲイ、いったらdie」

というラップを刻めそうなぐらいの危険地帯です。

なぜなら、ここの盛り上がる時間帯はゴーゴーバーなどの夜の仕事をしている嬢が仕事終わりに行ける時間とちょうどマッチしている=レディボーイも多く来ているということになるからです。

最新の注意を払いながら、暇そうにしている子はいないかなーと見渡すと

います!!暇そうで可愛い子が!!
早速、清楚系の女性にアプローチ、

 

 

食いつきは悪くない。
以下、彼女について
・21歳
・学生
・バンコク住み
・彼氏はいるけど海外に住んでいる
一緒にダンスをしながらキスをしようとするが、グダられ、ラインのみ交換で放流。

 

 

続いて、いかにもクラブ嬢みたいなド派手な子がグループで踊っている。
友人とコンビで声掛け。
全員、ゴーゴーバーで働いているそうだ。
この時間に踊っていることは売れ残りか、おっぱい後なのか分からなかったが、
もはやどうでもよい(笑)
ゴーゴーバーで働いているので多少は日本語ができるようだ。
話しているとクラブ嬢は
・25歳
・胸は天然、バージン(100%嘘)
・将来はヨーロッパで住みたいらしくそのために今頑張って働いている

 

※もちろんイメージ

 

 

大半エロトークしかしていなく、クラブ嬢もその気しかないと見た。
すかさず、キスをするとノーグダ。

まわりのクラブ嬢もその光景を見ながら、盛り上がって友人とキスをしている。

めっちゃいい雰囲気だ。

胸が天然か人工か確認の為に触ると、バリバリ人工ですやん。

まあ、あきらかに不自然やったけど実は人工の女性とおっぱいするのは初めてだったので

ちょっとテンションあがった(笑)
まあ、あとはそのまま連れ出すだけやと友人とアイコンタクトをしながら様子を伺うのだが、この最後が難関です。
なんでかっていうと、このクラブ嬢は普段ゴーゴーバーで働いている=お金を稼ぎたいor性欲がありあまっている←これはほぼないだろう。

お金を稼ぎたい人がタダでやらしてくれることはないのではないか。

 

 

つまり持って帰ろうとするとお金の交渉を持ちかけられるんじゃないか。
それは困るので、ちょっと相手の子をエロい雰囲気にしようと
キスをしながら、時々キスをする振りをしてしないという遊びを少しやってみる。
これは結構効果的でして、案の定クラブ嬢もエロい雰囲気になってきた。
すかさず、外に出ることを打診するとすんなりOK.
「ホテルにいこうか」と誘うと

 

 

 

「どこにあるの」と聞くクラブ嬢
「ここだよ」と上の階を指す口説き丸
クラブ嬢は驚きながらテンションを上げている。
そのまま、エレベーターで上がり、部屋に入るやいなや服を脱がすと人工だけあって綺麗な形をしている。
これが人工かと堪能しながら、下の方を触るとがっつり濡れている。
クラブ嬢とかは普段やっている分あまり濡れたりはしないのかなと思っていたが、そうではないようだ。
そのままおっぱいしていると動くわ動く。
普段ビジネスでこんなに動かしているの?って聞くと、
プライベートだけよといいながら、上に乗っかりながら前後に動かすクラブ嬢。
これなら、お店で指名したいなと思いながら、見事おっぱい。
タイに来て初めておっぱいできました!!
クラブ嬢ではありますが、顔は申し分なく、ギャル。

 

最高です。

 - タイ ナンパ旅